車えび保育園?

こども

山口県秋穂は、世界で初めて車えびの養殖が始まった
「車えび養殖発祥の地」で、今でも車えびの養殖が盛んです。
言わば、”車えび保育園”です。当サイトでは、この思いを
大切に秋穂の車えびについて、いろいろ紹介しています。

古くから漁業の町として栄えた山口市秋穂(あいお)は、
世界で初めて車えび養殖ビジネスが始まった地でもあります。
「車えび博士」と呼ばれた一人の研究者がその生涯をかけ、
その思いにより町の特産品となり、さらには秋穂の
名を日本全国に知らしめることとなりました。

車えび

大人

日本では古来より重要な漁業資源として、
刺し網、底引き網等で漁獲されてきました。

伊勢湾、有明海等大規模な干潟や
内湾を抱えるエリアに多産し、愛知県、
熊本県の県魚に指定されています。

ほぼ1年を通して漁獲されますが、特に夏の
漁獲が多く、旬も初夏から秋とされています。

死ぬと急激に傷んで臭みも出ますが、オガクズの内部に詰め、湿度を保っておくと
長時間生かしておけるので、この状況で出荷・流通が行われます。

クッキングの方法は塩焼き、天ぷら、エビフライ、唐揚げ、刺身等さまざまで、
味もよく、高級食材として扱われています。加熱した方が旨みと歯ごたえが増すと言われてます。

  

養殖

養殖場

1960年代初めにエビ類では一番早く養殖テクニックが確立され、
クルマエビの養殖は全世界に広がりました。

クルマエビは他種のエビよりも蛋白質とビタミンの要求量が高く、配合飼料も高価です 。

今は、外国から安価な冷凍海老が大量輸入されるに至りましたが、
国内生産しても商業的に成り立つ価格であることが、
逆に国内で「活きたエビ=車海老」という状態を生み出しました。